なんで私がブラウンに!?〜ブラウン大学留学記〜

純ジャパとして生まれ育ち、大学1年の秋に一念発起して米国大学への学部留学を目指す。そして、2011年秋から東海岸のアイビーリーグ校、ブラウン大学への編入を果たした筆者の奮闘記。今回が人生初の長期留学ですが、何とか生き抜きます!!われ日本の魁とならん。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# ブログ始めます
合格通知を受け取ってから早くも3か月、
1年半お世話になった慶應義塾に別れを告げて、
いよいよブラウン大学のあるロードアイランドへ出立する日が近づいてきました。

はい、めちゃめちゃ緊張してます。
2週間のバンクーバーでの語学研修のおかげで日常会話には苦労しなくなったとはいえ、
学生としての能力は怪しいところ。。。

とりあえず、英文にだけは慣れておこう。
そういうわけで読んでるのがノーベル経済学賞を受賞したスティグリッツの"FREEFALL"。
2008年の経済危機に世界が向かった経緯を説明しています。
邦訳はカタカナで「フリーフォール」(徳間書店)となっています。

話頭がそれましたが、このブログではブラウンでの生活をはじめ、留学に至った経緯や日本ではあまり一般的ではない学部留学・学部編入についても書いていこうと思います。

自分が留学を決意したとき、一番苦労したのは情報収集でした。
留学を志す方々のご参考に供することができれば幸いです。

| comments(2) | trackbacks(0) | 22:58 | category: - |
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links