なんで私がブラウンに!?〜ブラウン大学留学記〜

純ジャパとして生まれ育ち、大学1年の秋に一念発起して米国大学への学部留学を目指す。そして、2011年秋から東海岸のアイビーリーグ校、ブラウン大学への編入を果たした筆者の奮闘記。今回が人生初の長期留学ですが、何とか生き抜きます!!われ日本の魁とならん。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 天津旅行記1 | main |
# 新しいブログの紹介
【ブログ読者の皆様へ:最新ブログのご案内】
 
2011年の夏から1年にわたって続けたこのブログが、今も毎日数百人の方々にみて頂けていると知り、正直驚いています。

長期間ブログを放置してしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいですが、正式にこのブログの休止宣言と、新しいブログの紹介をさせて頂こうと思います。
 

 
ブログ「ブラウンの熊たち」


前回の更新があった2012年の9月から、ブラウンにやってきた才能あふれる後輩たちと、「ブラウンの熊たち」という留学情報発信プロジェクトを立ち上げました。

ここでは、ブラウン大学に通う現役生の記事が毎日更新され、留学ブログランキングでも一位を記録したほか、メンバーによる全国10都市での説明会ツアーは、日経新聞、朝日新聞をはじめ全国メディアでも報じられました

自分一人でできることは限られている分、こうした学生団体を通した取り組みを今後も続けていければと考えています。
 

このブログをご覧になって、もっと留学について知りたい!と思われた皆様はぜひ、「ブラウンの熊たち」を訪れてみてください!

FBやTwitter、コメントページからはご質問もお受けしております。
 
 
 

留学の先にあるもの


現役学部留学生による「等身大の留学生活」を伝える活動の輪は2013年の秋から後輩たちのリーダーシップでどんどん広がっています。

一方で、自分の大学生活も残すところ1年となり、いよいよ卒業後の進路に向けて舵を切らねばならない時期がやってきました。

学生活動家としてのプロジェクト立ち上げや、スタートアップ、戦略コンサルでのインターンなどを通して、自分の情熱はビジネスの手法と知見で社会問題の解決に取り組む「ソーシャルアントレプレナーシップ」にあるとつい最近気がつきました。

 
目標を達成する第一歩として、この夏はアショカのワシントンDC本部でインターンをしています。

「ソーシャルアントレプレナー」という言葉を30年以上前に造語し、全世界に3000以上のフェローを持つアショカは、世界最大の社会起業家ネットワークです。

幸運にも、Social Financial Serviceという、市場や金融の力を使って社会問題の解決に挑む部門にMBA枠で入れてもらい、今はもう一人のインターンと新しいプロジェクトを立ち上げています。

上手くいけば、全世界のソーシャルアントレプレナーに読まれるかもしれないレポートで、日々緊張しながらも、DCの地の利を活かして飛び回っています。
 

具体的な進路は、まださっぱりわかりません。

一日も早く実戦で仕事をしたいという思いはありますが、社会人としての基礎的な足腰を鍛えることも大切だと感じています。

この一年は、さまざまな機会を自分の足で掴みにいきながら、難しい決断をすることになるだろうと思います。
 

僕は、こうして海外で自分の情熱を追求する度に、留学して本当に良かったと思っています。
でも、留学しただけでは人生は変わりません。

常に新たな挑戦の場を求め、自ら行動を起こしていく姿勢があった結果として留学しただけで、留学すれば進路に何の心配もなくなる訳ではありません。


可能性が広がった分だけ、自力で行動して決断しなければいけない部分が増えたからです。


今の自分は、ちょうど4年前に慶應でくすぶっていたのと同じ、一度自分の修行の場を自分で生み出さねばならない立場におかれています。
 
挑戦し続けるためには、どん欲にそうした環境を自分の周りに創り出すことが必要です。

新しいブログでは、留学体験という枠を越えて、留学の先に何があるのかについて、書いていこうと思います。
こちらもどうぞ宜しくお願いします。
 
ブログ "Zeitgeist"
Twitter:@tombear1991
 
2014年6月吉日 筆者
| comments(0) | trackbacks(0) | 04:39 | category: - |
# スポンサーサイト
| - | - | 04:39 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tombear1991.jugem.jp/trackback/28
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links