なんで私がブラウンに!?〜ブラウン大学留学記〜

純ジャパとして生まれ育ち、大学1年の秋に一念発起して米国大学への学部留学を目指す。そして、2011年秋から東海岸のアイビーリーグ校、ブラウン大学への編入を果たした筆者の奮闘記。今回が人生初の長期留学ですが、何とか生き抜きます!!われ日本の魁とならん。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 編入説明会@渋谷 | main | 新学期始まる >>
# 冬休みを振り返って
ブラウンの冬休みは、秋学期の期末試験が終わる12月22日から春学期の授業が始まる1月25日までです。


約一月ほどの休暇を学生各自が帰省やインターン、ボランティア、旅行などで過ごします。
学生の間に「何もしない」訳にはいかないという一種の焦りがあって、とにかく予定を詰めようとしています。

これについては学長も過去のスピーチで警鐘を鳴らしていましたが、多くの学生はレジュメ(進学・就職に使う履歴書)をすこしでも見栄えのするものにしようと必死になっている感があります。

私自身、このひと月は日本に帰省していました。
その時の雑感を紹介したいと思います。

<<記事を書きました!>>
留学に関するエッセイを、日本でギャップイヤーの普及を目的とする、財団法人JGAP様のホームページに投稿しました。

要は「なんでブラウンに行くのか?」という問いなのですが、これは当然出願する時と入学時では意味合いが異なります。

自分の心の中に埋もれている留学の意義を、具体的にほかの人に読んでもらえる形で表現するのに苦心しました。
よろしかったら、こちらもご参考ください。


<<留学説明会>>
1月20日に渋谷のアゴス(留学予備校)で行われた留学説明会は目標人数を上回る32人の方にお越しいただき、成功裏に収めることができました。
大学生をターゲットとして、編入留学の方法や、留学してあらたに目を見開かされた経験などをお話ししました。

12月末に急きょ思いつきで企画をはじめ、実際には1月に入ってから宣伝を始めたにも関わらず、多くの方に参加いただき、ご協力を仰いだ方々への感謝の気持ちでいっぱいです。

日本では「編入留学」という選択肢自体があまり知られていませんが、交換留学を目指す大学生も増えている中で、思い切って編入に挑戦してみることは決して無駄ではないと思います。

今後も大学学部留学の普及をめざし、こうした説明会を開催できればと考えています。
現在5月に帰国した際の開催地を募集中です!




<<東北視察>>
isinomaki ship
3.11から早くも一年が経とうとしています。
ブラウン大学では、昨年の震災発生から一週間で100万円以上を現地に支援するなど大学を挙げて日本の復興を応援しています。

学生のほうでも、3.11に際して深刻なダメージを受けた地域で活動されているNPOの方やアメリカの研究者を招いた講演会を企画しています。(運営スタッフは文字通り東奔西走中!!)

というわけで、「被災地を見ずにいいイベントはできない!」という一心で、実際に東北(石巻)に行ってきました。
現地では石巻2.0(http://ishinomaki2.com/)というTED×tohokuにも登場したプロジェクトの方々を紹介していただき、さまざまなお話を伺うことができました。

中でも衝撃的だったのは、「5年かけて震災前に戻っても、10年したら石巻はさびれてなくなってしまう。」という地元の方の言葉でした。

ニュースで東北の話を見るたびに、あれは自然災害だったのだとばかり考えていました。
しかし、東北の復興は、衰退する地方をどのように再建していくのか、という現在の日本全体が抱える問題のごく一部だということに気付かされました。

「小さなマーケットで奪い合いをするのでは、だれも豊かにはならないし、いつかは誰もやりたくなくなってしまう」と水産業者の方が指摘するように、付加価値の高い新しい産業を模索していかなければ、地方の衰退はまぬかれないと何度となく言われました。

産業構造の転換というテーマは、いつまでも「モノづくりの国、日本」でいいのか、という日本全体の問題も内包するので、ブラウン在学中にぜひ一度研究してみたいと思います。

まだ東北の問題は、全然終わってはいない。がれきがなくなって初めて見えてくる、社会的な問題の解決は自分たちの世代に任されているのかもしれません。

ganbare nippon






| comments(0) | trackbacks(0) | 09:31 | category: - |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:31 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tombear1991.jugem.jp/trackback/20
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links