なんで私がブラウンに!?〜ブラウン大学留学記〜

純ジャパとして生まれ育ち、大学1年の秋に一念発起して米国大学への学部留学を目指す。そして、2011年秋から東海岸のアイビーリーグ校、ブラウン大学への編入を果たした筆者の奮闘記。今回が人生初の長期留学ですが、何とか生き抜きます!!われ日本の魁とならん。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ブログ始めます | main | オリエンテーション〜留学生編〜 >>
# ブラウンに到着&寮の様子
いよいよブラウンの寮に入る日がやってきました。

ハリケーン・アイリーンの接近で一時はフライトがキャンセルになるのではと冷や冷やしていましたが、ぎりぎりセーフで大学の所在地ロードアイランド州プロビデンスへ到着。
とはいえ、一本前のフライトはキャンセルになったみたいなので、さっそくの幸運に感謝。

寮が開放されるまで一日あったのでその日は大学から徒歩圏内のホテルで一泊、翌朝大学へ引っ越しました。

授業の開始まではあと一週間ほどで、原則的に9月1日まで生徒は入寮することができません。
ただし、留学生は特例として二日早い入寮が認められています。

私の場合は、友達を早く作れるようにルームメートのいる二人部屋を選択しました。
もちろん、勉強に集中したいなどの理由で個室を希望する生徒もたくさんいます。

ブラウンでは、寮はキャンパス全体に散らばっており、大規模なもの(1年生用)になると1000人以上が暮らしているものもあります。

寮の部屋

私がいるのはNEW PEMBROKEという文字通りできたてほやほや、ピカピカの寮です。
本来なら抽選で勝ち取らなくてはならないような大きくて真新しい部屋ですが、編入生(2年生)ということでいい思いができたのかもしれません。

各階にある共用スペース

| comments(0) | trackbacks(0) | 09:22 | category: - |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:22 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tombear1991.jugem.jp/trackback/2
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links