なんで私がブラウンに!?〜ブラウン大学留学記〜

純ジャパとして生まれ育ち、大学1年の秋に一念発起して米国大学への学部留学を目指す。そして、2011年秋から東海岸のアイビーリーグ校、ブラウン大学への編入を果たした筆者の奮闘記。今回が人生初の長期留学ですが、何とか生き抜きます!!われ日本の魁とならん。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 英語を学ぶメリット | main | ブラウンにいる僕にできること >>
# 私が編入するまで

久しぶりの記事です。

プロヴィデンスでは一昨日から雪が降りしきり、昨日は猛烈な吹雪で気温は氷点下三度にまで達しました。

いよいよ東海岸の冬の到来を感じさせる週末でした。


 日本に生まれ育った私は、当然のように日本の教育を受け慶應義塾大学に入学しました。当初は、自分の知的好奇心をより高いレベルで追求できる大学生活に満足していましたが、9月も終わりに差し掛かるころには、もっと厳しい環境で自分を試してみたい、そうした欲求が抑えがたいものとなっていました。

 ところがいざ準備に取り掛かると、SATTOEFLなどの試験や推薦状、エッセイなどあまりに多くのことを4か月程度で済ませねばならないことがわかってきました。加えて、自分の目標とする大学はアメリカでも屈指の名門、編入の合格率は5%以下とも言われていました。「無謀」という言葉がピッタリの挑戦だったのです。その証拠に、TOEFLの対策予備校の中には、帰国子女でもない未受験者が100点以上など保証できないので、と希望するクラスへの入校を断られたこともありました。

 しかし、難しさに呆然とすると同時に、調査を重ねるにつれ、米国の大学こそが自分の求める環境であると信じるようになりました。前例が皆無に等しく、インターネットではほとんど情報が得られなかったため、大学の教授はじめ多くの留学経験者の方に直接お話しを伺い、準備を進めました。31日の締め切り当日に出願を終えたときの達成感は鮮明に記憶しています。

写真は秋晴れのメイングリーン

吹雪で荒れる図書館からの帰り道

| comments(2) | trackbacks(0) | 09:04 | category: - |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:04 | category: - |
コメント
こんばんは。
アメリカの大学への編入に興味がある者です。
三月一日が締め切りということは、いつ試験があったことになるのですか?
| ニノ | 2013/03/07 1:07 AM |

初めまして。
私は今高校三年生で、来年の9月にアメリカの二年制大学に入学する予定です。
その後ブラウン大学に編入したいのですが、どうすれば良いかよくわかりません。
いろいろ教えてくださいませんか。
| nako | 2013/09/05 2:18 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tombear1991.jugem.jp/trackback/15
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links